(株)生穂建設

SW工法

スーパーウォール工法

SUPERWALLスーパーウォール

スーパーウォール

家族みんなに心地よい空間を、いつでも当たり前にする。
どこにいても、暮らしのすみずみまで、めいっぱい楽しめるようにする。
永い人生においてどれだけ暮らしが変わっても、健康・快適・安心・安全でいられること。

  • 高断熱
  • 高気密
  • 高耐震
    構造

スーパーウォール工法とは
高性能なスーパーウォールパネル、計画換気システム、
高性能樹脂サッシ・高性能ガラスで生み出される
高断熱・高気密・高耐震構造を兼ね備えた最高水準の暮らしの質を実現する住宅です。

夏涼しく、冬あったか。

高気密・高断熱により部屋間の温度差が少ないだけでなく、部屋の上下の温度差が少ないことも実証されています。
吹き抜けや高天井の空間においても、暖房効率を心配する必要がありません。
もちろん夏場も同様に、部屋の隅々まで快適な室温を保ち続けます。

スーパーウォール工法高性能な住宅

  • スーパーウォール工法高性能な住宅
  • 就寝前に暖房を止めても
    翌朝15°Cという暖かさ

    部屋間の温度差や上下の温度差が少ない、スーパーウォールの家の温熱環境は、建物全体を高性能断熱材で包み込んだ、気密性の高い、魔法瓶のような空間が生み出します。

    地域によって違いはありますが、冬場になると夜中の冷え込みが厳しく、就寝前に20°C程度あったリビングの室温が翌朝には10°Cを大きく下回るということがあります。
    スーパーウォールの家はたとえ就寝前に暖房を止めても室温が下がりにくく、翌朝も15°C程度という暖かさをキープ。朝の身支度の際、着替えで寒い思いをすることもなく、快適に過ごすことができます。夏も冬も外気温に左右されにくい快適な室内環境を実現するポイントは、高い気密・断熱性にあるのです。

  • 最高水準の性能を持つ断熱材を使用

    スーパーウォールの家で使用している断熱材は、高性能な硬質ウレタンフォームです。その特長は湿気を通しにくく、グラスウール比およそ2倍(※1)の断熱性能。壁の内部結露を抑えることができるため、住まいの耐久性向上にも効果を発揮します。
    また、瑕疵保証では保証されない断熱材内部の結露による劣化を35年間保証(※2)します。
    ※1グラスウール(16K)との断熱性能比較
    ※2保証対象となる断熱材は、壁パネル、屋根パネル、小屋パネルに使用している硬質ウレタンフォームとなります。

  • スーパーウォール工法高性能な住宅

開口部の断熱性を高める
高断熱サッシ&ガラス
最新テクノロジー エルスターX

一般住宅において、熱の出入りが最も多いのは、窓や玄関ドアなどの開口部です。
冷暖房による熱を逃がさず、少ないエネルギーで効率よく快適に過ごすためには、開口部の断熱性を高めることが重要に。

スーパーウォールの家では、高断熱サッシ・玄関ドアを採用し、断熱対策を行っています。
高断熱サッシは、熱を通しやすいフレームの露出を抑え、ガラス面積を拡大し、意匠性・採光性も高めています。さらに多層ホロー構造のフレームには熱を伝えにくい樹脂サッシを使用することで、世界トップクラスの断熱性能実現しています。

スーパーウォール工法高性能な住宅

ダブルLow-E&高性能ガスで“高断熱”を実現。

室内側と室外側にLow-Eガラスを採用し、空気に比べて熱伝導率が低いクリプトンガス/アルゴンガスを封入することで、高断熱化を実現。
さらに、それぞれのガスごとに最適な厚さに設計された中空層が優れた断熱効果を発揮します。

トリプルガラス
(クリプトンガス入り)

内外2枚をLow-Eガラスで構成したトリプルガラスを採用し、空気に比べ熱の伝わりを約60%抑えるクリプトンガスを封入。また、フレームのホロー内に断熱材※2を入れ、世界トップクラスの断熱性能を実現。

※1 縦すべり出し窓(TF)16513 トリプルガラス
(クリプトンガス入り)内外Low-Eグリーン
(3-12-3-12-3)アングル付・アングルなし
(アングル付同等納まり)JIS A 4710-2004
による社内試験値
※2 断熱材の設定箇所・有無は品種毎、部材毎に
異なります。
※4 ガラス構成によっては変わる場合があります。

トリプルガラス
(アルゴンガス入り)

内外2枚をLow-Eガラスで構成したトリプルガラスを採用。空気に比べ熱の伝わりを約30%抑えるアルゴンガスを封入。

※3 縦すべり出し窓(TF)16513 トリプルガラス
(アルゴンガス入り)内外Low-Eグリーン
(3-15-1.3-15-3)アングル付・アングルなし
(アングル付同等納まり)JIS A 4710-2004
による社内試験値
※4 ガラス構成によっては変わる場合があります。

数値で見る断熱性能

断熱性能を示す数値を表すQ値とUA値というものがあり、数値が小さいほど断熱性が優れています。
Q値とは、熱損失係数で家全体からの熱がどれだけ逃げるかを示す値です。
UA値とは、壁・窓、天井・床などの外皮全体から熱がどれだけ逃げるかを示す値です。
UA値は換気によって逃げる熱量を含まないため、断熱性能を比較する際にはQ値で比較するのが適しています。

スーパーウォール工法高性能な住宅

スーパーウォール工法高性能な住宅

24時間
“クリーンな空気”

高い気密性によって隙間を少なくすることで、外気とともに出入りするホコリや花粉などを大幅にカット。
さらに全熱交換型換気システムの場合は、温度だけでなく湿度も交換するため、
加湿器の設定湿度どおりの快適な湿度を保ちやすくなります。

  • スーパーウォール工法高性能な住宅

    気密性の低い住宅

    気密性が低い住宅では、窓や壁の隙間から外気が侵入し、空気の流れにムラができ、住まい全体の空気を隅々まで入れ替えることは難しい。

    SW住宅

    スーパーウォール工法住宅では高い気密性能により計画的な換気が行え、空気のよどみをなくし、カビやダニの発生を抑えます。

  • 24時間クリーンな暮らし

    家族や住まいの健康を害する、カビ・ダニの発生は空気のよどみも原因のひとつになると言われています。
    スーパーウォールの家は、高い気密性によって隙間を少なくすることで、外気とともに出入りするホコリや花粉などを大幅にカット。

    また、計画換気システムによる空気の流れにもムラがなく、住まいの隅々にゆるやかな空気が流れるため、空気のよどみを少なくし、カビ・ダニの発生を抑えます。
    さらに全熱交換型換気システムECOAIR85・ECOAIR90において、PM2.5対応フィルター(オプション)を使用することが可能です。2.0μm(1μm=1mmの千分の1)の微小粒子を約90%捕集することができます。

  • 家中が暖かい住まいは
    健康の改善につながります。

    住まいの断熱性と健康について研究をされている、近畿大学の岩前教授の協力を得て、スーパーウォールの家にお住まいの方を対象とした健康アンケートを行いました。
    スーパーウォールの家に暮らしてから、ご家族の健康状態がどのように変化したかを調査したところ、さまざまな項目で、以前の暮らしより健康状態が改善したという回答を数多くいただきました。

    特に健康全般における改善率は80%を超える驚くべき結果に。冬でも家中が暖かい、気密・断熱性の高さが健康改善に効果的であることが実証されました。

  • スーパーウォール工法高性能な住宅
    • 気密
    • 施工力
  • 断熱と気密はセット
    気密が悪いと断熱の効果が半減に

    気密を良くする目的は、断熱材と換気システムを有効に働かせることです。
    気密性が悪いと24時間換気システムが本来の能力の20~30%しか働かず、
    家の中は空気が澱み、結露が発生します。
    この状態が花粉症やアトピー、シックハウスなどの一因となります。
    また、気密性が悪いと隙間風を感じることがあり、せっかくの断熱材も本来の性能を発揮できません。
    ハートフルライフでは全棟で気密測定を実施し、性能報告書※を発行しています。
    ※性能報告書は、住宅の性能値を確認していただくもので、性能を保証するものではありません。

家がまるごと制震装置に

高耐震の住まいとして誕生以来、地震による全壊ゼロの実績を誇るスーパーウォールの家。
建物の構造パネルに制震機能が加わることで、建物の一部に負荷がかかることなく、家全体で揺れを抑え、
大きな地震に対しても粘り強い住宅を実現することができます。

(株)生穂建設 スーパーウォール工法高性能な住宅

  • 耐震等級3相当の設計※で
    大規模な地震に備える。

    住宅の耐震性能は、国土交通省が2000年に定めた住宅性能表示制度の中で、耐震等級として示されており、建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震でも倒壊しない程度の耐震性を等級1としています。しかし、専門家の間では等級1では不十分であるという意見もあります。スーパーウォールの家では、大規模な地震への備えとして、最高等級となる耐震等級3相当の設計を推奨。消防署や警察署など、防災の拠点となる建物の基準に相当し、より安全性の高い住まいが実現できます。
    ※耐震等級3相当の設計は、住宅会社にご相談ください。

  • 耐震等級3相当の設計※で大規模な地震に備える。
  • 効率よく耐震性を高める壁倍率5倍のパネルを実現
  • 効率よく耐震性を高める
    壁倍率5倍のパネルを実現

    住宅の耐震性能を高めるためには、耐力壁をバランスよく配置することが重要です。

    高性能スーパーウォールパネルは、構造用合板OSBと断熱材を一体化し、建築基準法で木造最髙レベルとなる「壁倍率5倍」(国土交通大臣認定を取得)を実現。壁倍率2.5倍の基本パネルと組み合わせることで、効率よく耐力壁を配置することが可能になります。

    また、一般在来の家の壁(筋かいによる5倍相当仕様)と比べても壊れにくく、変形量も筋かいの半分であることが耐力試験で確認されています。

  • 壁・床・天井が一体化した箱形を構成する
    強靭なモノコック構造

    地震大国である日本において、数々の大規模地震が発生する中で、スーパーウォールの家は、そのすぐれた耐震性能から、これまで地震による全壊被害の発生報告はありません。

    また、6面体で強い外力もしっかり受け止めるモノコック構造や高い気密性能を持つことから、巨大竜巻や台風・豪雨など、風や雨の自然災害にもその強さを発揮。記憶に新しい、東日本大震災の甚大な津波災害においても、奇跡的に倒壊を免れた例があるなど、さまざまな災害に対する信頼の実績を持っています。

  • 壁・床・天井が一体化した箱形を構成する強靭なモノコック構造
  • 地震の揺れを最小限に抑える制震仕様パネルもご用意しています。
  • 地震の揺れを最小限に抑える
    制震仕様パネルもご用意しています。

    高耐震の住まいとして、誕生以来、地震による全壊ゼロの実績を誇るスーパーウォールの家。そのさらなる安心・安全のために、揺れを抑える機能を取り入れた制震仕様パネルを開発。
    大きな地震、くり返す余震から、ご家族や大切な財産をしっかりと守ります。

省エネからゼロエネへ

これからの時代に求められるのは、省エネ+創エネによるゼロエネ住宅。
すぐれた省エネ性能を活かしたZEHに積極的に取り組んでいます。

省エネからゼロエネへ

  • ZEH基準を超える 「省エネ+創エネ住宅」で光熱費がゼロ以下に
  • ZEH基準を超える 「省エネ+創エネ住宅」で
    光熱費がゼロ以下に

    ゼロエネルギー住宅とは、建物の省エネ化+機器の高効率化により使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のことです。

    また、HEMSや蓄電池を用いることで、暮らしのエネルギーを最適に制御。
    余った電気は売電することができるため、プラス収支を実現することも可能に。

    自宅で電気をつくることができるため、万が一、停電が発生しても電気を使うことができ、災害の備えとしても安心です。

  • 16万円以上の水道・光熱費を節約

    全国各地でゼロエネルギー住宅は増え、実例においては、ゼロエネを超えてプラス収支になっているお宅も数多くあります。経済的なメリットももちろん、エネルギー問題や低炭素の暮らしへの貢献も可能になります。
    ランニングコストシミュレーションは、家族構成や住まいの条件、地域などによっても変わるため、一邸一邸、建てる前にシミュレーションを行い、お客様にご確認いただくことができます。

  • 16万円以上の水道・光熱費を節約

お問い合わせ

下記よりお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る